本文へスキップ

アベシュウ食品は、創業から70有余年にわたり、四季折々の『旬の美味』をお届けいたします。

電話でのお問い合わせはTEL.025-256-4001

〒957-0102 新潟県北蒲原郡聖籠町位守町160-42

コンセプトconcept

コンセプト

アベシュウ食品では、その季節に採れた恵みの良さを最大限に生かせるよう
素材の選別から保管、収穫、そして、調理まで、一貫して真心をこめて行っております。
「旬の風味を生かし」、「味を極める」ことへのこだわりであると考えるからです。

   


「旬の風味を生かし」「味を極める」ためのこだわり

旬の風味を生かし、味を極めるために先ず自分たち手で収穫することから始まります。

収穫から下処理加工まで素材に徹底してこだわりたい...
収穫から携わっている例をご紹介します。
以下の、「雲南省産細タケ」及び「河北省産にんにく」をクリックしてお入りください。

「雲南省産細タケ」 「河北省産にんにく」




調味加工して袋詰めするまで
〜アベシュウ工場と作業工程〜

厳選した素材を美味しく仕上げるために、
細心の注意をはらい、心をこめて作業しています。

■材料保管倉庫
収穫地で下処理を行い密閉容器で輸入された材料を、倉庫で一時保管します。

 

■殺菌室
作業員が漬け物工場に入る前に、手を洗い殺菌し、工場内が清潔に保てるよう身支度をします。

 

■選別工程                   ■塩抜き工程
漬け物や惣菜に使用する材料を選別します。    材料は、塩水に浸かった状態で容器に入っているので、
                        一度湯に通して塩を抜きます。

     

■漬け込み工程
材料を調味液の中に入れ、漬け物を作ります。漬け込む時間は各々の製品で違いますが、低温倉庫の中でしっかりと味が染み渡るようじっくり漬け込みます。この際、オゾンを使い雑菌等の浮遊菌が製品につかないよう細心の注意をはらいます。

  
調味料と材料を合わせているところ 低温倉庫で保存中        オゾン発生装置
素材と旨みのハーモニーはここから ここでじっくり味を熟成させます 雑菌から製品を守ります

■袋詰め
出来上がった製品を、規定量に合わせ袋詰めを行います。皆様に安心してお召し上がりいただくために袋詰めの終わった製品は金属検出器に掛けています。

  

 
内容量測定機械          金属検出器 
                 異物混入などの万一に備えます


■煮沸消毒工程
金属検出器で問題の無かった製品は、高温の湯の中を通して、煮沸消毒、乾燥をします。この工程を終了すると、製品の出来上がりです。箱詰めを行い出荷します。

  

 





有限会社 アベシュウ食品

〒957-0102
新潟県北蒲原郡聖籠町位守町160-42
TEL.025-256-4001
FAX.025-256-4004